ウエットクリーニングって?…実践編その3

  • 2007.05.04 Friday
  • 03:25
ゴールデンウィーク真っ只中なのに、仕事ばかり・ブログばかりのBOSSです。

さて、ウエットもいよいよ佳境に入りました。ここで、おさらいですがウエットの方法は前回で
お分かり頂けたと思いますが、多種多様です。
で、今回お伝えしている「ウール100%のスーツ」は衿・袖部分が皮脂で汚れており、
かなり「汗」をかいたのでウエットのオーダーでした。
衿・袖に付着した皮脂に含まれる油性汚れは、ドライクリーニングでほぼ除去できているはずなので、後は「汗に含まれる塩分や尿素等」の水溶性汚れをウエットで除去するだけです。
ですから、今回のウエットの目的は、「ウール100%のスーツを型崩れ、収縮させる事無く、風合いを損ねること無く、汗の汚れを除去する事」になります。 これはウエットの方法の一部であり、全てではありません。
それと、「汗」は取れても「臭い」は残る場合があるのよ。「ワキガ」等の除去については、また別の作業を取り入れないといけません。体質により汗は成分が異なり、ウエットで取れる臭い・取れない臭いがあります。
この部分のご理解だけは、重ね重ねよろしくお願いします。

また、番組の中で「トイレペーパーは、水に漬けると溶けて無くなる。溶けていない
場合のウエットは疑わしいか、不十分な水洗いと考えられる」の要旨のお話をされていたので、「ホントにそーなのか!!??」を消費者の皆さん!ぜひ、ぜひ確認してね!!

では、前回のつづきです。
温度を確認した洗浄液に、
被洗物を漬け込みます。
この洗浄液には、ウール用の特殊洗剤
収縮防止剤等、色々入ってるんですよ。

しばらくしてから、
手で丁寧に手洗いしますよ。
今回の目的は「汗」の除去です。
汗は水に漬けるとそれこそ溶けてしまうので
このような、ソフトな洗いで充分なんですよ。

次に脱水やね。
約5秒。掛けすぎ厳注!

一度目のすすぎです。
ここでも、丁寧に手作業なんだな。
この後脱水してから…

二度目のすすぎです。
3台の洗濯機、見分けられましたか?
この後脱水してから…

最後に最大のポイント。
しみぬき屋が、ウエット専門の業者と研究した
加工剤
に漬け込みです。
この中には、風合いや、ウール独特のシャリ感(ハリ)を持たせたり
色々な要素が入ってるんです。
この後、最終脱水を5秒間して…

取り出しです。

ハンガーに掛けてみました。
かなり、シワが目立ちますね。
でも、こんなもんなんですよ。

次に人体仕上機でスチームを加え、
温風を与えて大きなシワを取りながら
半分位まで乾燥させます。。

どーですか?
かなりいい感じでしょ?
この後、自然乾燥させて、ハンドアイロンで成形して
「完成」となります。



では!では!!では!!!例の胸ポケットに差し込んだ「トイレットペーパー」はどうなったのかなぁ〜〜〜〜???
これ見てちょーだい!
番組のA店と同じように千切れてるよね!
「水に漬けるとトイレペーパーは溶ける」と言うのはウエットの作業を、した・しなかったの確認にはなりまへんわww
この辺りを、大阪クリーニング組合が理論的に検証されてくれましたので
ぜひ見てくださいね!



並べてみました。
トイレペーパーにダメージを与えないという事は
当然、生地に対してもダメージをあまり与えていないと言えると思います。
それだけ、気を使って作業してるんです。
分かってくれたかな??



ある宅配専門の業者は、なんだ、かんだと洗い方を小難しく解説して高額料金を
取ってますが、そんなことしなくても、洗濯機とネットと立体仕上機があれば
出来るんですよ〜〜〜ウィンクチョキ

これだけの仕事で、当店価格スーツで2000円〜2500円(5月より少し変わりました)
良心的な価格設定が我々のモットーです。
ちなみに、その宅配専門さんとこで今回の様な作業をリクエストしたら軽〜く
当店の倍以上請求されまっせ猫2!!

今回の件で私は色々と考えさせられました。
今まで、「クリーニング」という業の内幕が余りにも閉鎖的すぎたのでは?
だからこそ、メディアは一部の開放的な業者に偏りすぎてしまう。
そこの言い分がスタンダードにされてしまう。

これは、いかん!実にいかん!!と非常に燃えたぎる気持ちが湧き上がり
今回の発表になったのです。

私達「しみぬき屋」メンバーは、これからも消費者の立場に立った正確な情報を
発信し続けていきたいと思います。

また、この件について多くの方々からご支援頂き、本当にありがとうございました。
これからも、ご指導ご鞭撻よろしくお願いします。
















コメント
BOSSさん、衣類のクリーニングって色々あるんですね。素人の私でも参考になる記事でしたよ。
これからもクリーニングの裏側をドンドンアップして下さいね。もち企業秘密は置いといてですよ!
それから、私のブログにこちらのブログリンクさせて頂きました。
駄目ならいつでも言ってください!
よろしく!!(永ちゃん風に)

食らうンジャーさん、いらっしゃい。

新聞・TVへの露出が多い人の意見が正しいとされるには、いかがなものでしょう?

是は是、非は非として正しく報道すべきじゃないですかね?

個人の意見・考えを鵜呑みにして、科学的な
論証を確かめないまま、放送するって?!

こんな事がまかり通って良い訳ないですよね?
「捏造問題」が騒がれている昨今であるにも関わらず、こんな事って…あるんですね…。

ま、今回の一件は「ブラックボックス」と言われている業界に一石を投じたとポジティブに考えとぃます。

これからも、消費者の皆さんに適正で、偽りが無く、有意義な情報を公開していこうと思っています。

「センキュー!ありがと思ってます。ヨロシク!!」(The Star in Hibiyaより)
  • BOSS
  • 2007/05/06 1:39 AM
あんな情報番組なんかえーかげんなもんやで!でも知らんひとが見たら鵜呑みにしてまうんよねー
  • しょーむにゃーご
  • 2007/05/08 10:14 PM
しょーむにゃーごさん、いらっしゃい。

その辺りなんですよねー。

不正を徹底的に追求する放送局もあるんですがねー。

「えーかげんなもんやで!」と思われるような情報は、消費者に戸惑いや、混乱を招くだけでしょ?

そんな、情報を消費者は望んでいるのでしょうか?

出すほうは、そんな事を理解しないでいるのでしょうか?

聞くところによると、提携の子会社のような
とこが、あのコーナーの制作を担当しているらしいですよ。

なんか、事件のあった例のアレに似てますね…。





  • BOSS
  • 2007/05/09 12:00 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM