パンツ仕上げ…縫い代の割り

  • 2007.04.27 Friday
  • 00:10
クリーニングに出した、スーツのパンツやけど、
裏側のサイドの縫い代、綺麗に割られてますか?
私達「しみぬき屋」参加店は当然してますし、割れてて当然なんやけど
それが、出来てないみたいやねんなモゴモゴ

他店に出してはって、当店初めてご利用のお客様の場合、ちょくちょく
見かけます。

こんなんやで。

これを、縫い代の「割り」て言ってます。ちょっと見にくいかひやひや
デザインによって、同じ方向に倒す場合も有りますがその場合は裾が
同じ方向に閉じてあります。

スーツのパンツは、綺麗に割って上下のミシンラインを正確に合わせて
プレスしないと、クリーズラインが狂い二重線が出来て、ブサイクな
仕上げとなります。

ですから、

このように、割らないといけないんだぁ〜。

縫製時アイロンで一応の「くせ」は付けてあるんやけど、クリーニングすると
緩くなり、同一方向に寝てしまう場合があるんやね。
水洗いしたら、ほとんどそーなるよ。
それを、知ってか知らずか?めんどくさいんか?知らんけど…。

一度、裏返してチェックしてみはったらどないですやろ?

クリーニング・しみ抜きのご依頼はお近くの「しみぬき屋」各店舗へ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM